上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅型2 紅型2

のり、落としました。
初めてにしては上出来でしょ。
よく見ると染めの甘い所、ぼかしがうまくいっていないところなどなどありますが。
これはなかなかいいぞ〜。
そこの先生は綿とかにやると生地が安いだけあってもったいないと言っていましたが、(体験の時は絹の着物地でした)私はそういうのを頻繁に使うのが最高の贅沢なんじゃないの、と思います。
飾っとくだけじゃもったいない。手拭いみたいなものにしちゃって、毎日使うのがいいかな。

あとはとんぼ玉と七宝かなんかの体験に行って、バーナーと小さい電気駕間かまでできるといいなあ。
やり方がわかれば研究するだけだしね。

寿命200年でも足りないね。
スポンサーサイト
紅型 紅型2
これから糊落としです。

今日は落合中井まで紅型染めの体験に行ってきました。
型はもう出来上がっていて、絹の生地に染めるだけの状態になっていました。
型堀が大変なんですよね。型彫って糊置いて紗をはる。これけっこう大変です。手拭いでは別のプロがいるくらい。

で、染める所からやるのですが、染料は日本画で使う顔料(水ひ)に大豆をふやかしてすりつぶしたごじるで薄めながら筆?(小さい刷毛のようなもの)で生地に刷り込んでいきます。
出来上がったらミョウバンで色止めをし、2〜3日乾かして糊を落とします。
けっこう肩こります。
1時半から5時半くらいまでみっちり4時間。疲れました〜。
でもおもしろかったです。これははまるかもです。
ずっとやりたかったものだったので、今日は行ってよかった〜。
ちょうど落合中井では「染めの小道」というのをやっていて、紅型以外にも友禅や草木染めなんかもあって、なかなかおもしろいイベントでした。

紅型といえば沖縄って感じですが、東京紅型とかいろいろあるんだそうです。
何が違うんでしょうねえ。色の組み合わせとか柄いきですかねえ。

水ひも糊もあるので、家でできそうです。
絹だと発色がいいそうですが、ちょっといい晒なんかだと、いい手拭いができそうです。

そして更に、日本画をこう描いてみよう的ないいアイデアが見つかりました。
いわゆる日本画にはならないけど、自分のスタイルとしてはいいかも。こういう日本画は許せない人には許せないんでしょうが、みんな同じじゃつまんないしね。

今日はいい発見ができてよかったなあ。


プロフィール

sukeroku23

Author:sukeroku23
くろねこ散歩道へようこそ!
イラストレーター、商品デザイナーやってます。HPへもどうぞ。
http://kuronekosanpomichi.
web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
クロネコナンバーズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。